膀胱結石 予防のためのキャットフード

膀胱結石 予防のためのキャットフード

膀胱結石 予防のためのキャットフードでは銀のスプーンの下部尿路の健康維持用FLUTがおすすめです。
マグネシウムの使用量を抑えることでストルバイト尿結石の原因を予防しています。
尿のPHをコントロールするためにアミノ酸とミネラルバランスを考えて配合しています。
おいしさと風味を逃さないように小分けパックになっているので、使う分だけごはんとして出すことができます。
味はお魚風味が中心で煮干しやしらす、白身魚を配合しフレーバーにも気を使っています。
たんぱく質と資質が10パーセント近く占めており、安心して食べさせることができます。

シーバはおやつに最適です

豪華な食事として高級感を出しているのがシーバです。
カリカリは2重の層になっていて、外側がカリカリ、内側がクリーム状で食感と味を2倍楽しむことができます。
粒が大きめなので、おいしく食べられるうちは健康であることがわかります。
結石になってしまった場合にはマグネシウム値が公開されていないため、食事としてではなくおやつとして食べさせるほうがおすすめです。
味の種類も多く、一般的な総合食よりも値段が高めです。
抜歯した猫や歯槽膿漏など歯にトラブルのある猫には硬めのフードになりますので、水でふやかしたり、つぶしてあげたりするのがおすすめです。

水腎症のリスクを減らすためのキャットフード

cat-697113_640

猫の水腎症になるとどうなるの?

水腎症は、尿を排出する管の通りが悪くなって、腎臓内におしっこが溜まって膨らんでしまった状態です。急性症状の場合は、食欲不振や嘔吐、下痢など突然現れます。さらに悪くなると慢性腎不全に移行し体重が減少し、貧血を起こしやすくなり、脱水症状になり、おしっこの回数が増減してきます。ただ、慢性の場合、腎臓がかなり被害が進行してからわかることが多く、好発年齢は9歳頃からです。原因はあまりわかっていません。もともと尿路が閉鎖しやすくなっている場合や年齢的なものや結石による目詰まり、腫瘍による閉鎖などあります。

水腎症にならないためのキャットフード

大好きな猫を病気にならない様に気を付けるには、食事が一番です。市販されているキャットフードは種類も豊富で、内容物も様々です。そのためどれを選ぶかが重要です。まず、激安キャットフードは、記載されている内容物をよく見ましょう。粗悪な穀物では、血糖値を上がり体吸収がされにくく、血液中の糖が増えやすくなります。体脂肪が多い猫は、腎不全のリスクが高くなります。また、「マグネシウム含有量」が0.1%前後になっている事を確かめましょう。これより少ない場合、尿路疾患に罹ることになり、急性腎不全のリスクが高まります。このほかにもご飯やおやつの量を調整し、普段のおしっこの量や回数の変化をチェックしておきましょう。

腎不全の予防のためのキャットフードの選び方

猫は水分が嫌いで肉が好き

猫は高齢になると、腎不全になりやすいと言われています。その理由は、水分をあまりとらず、高タンパクな肉を好んで食べるからです。このような食生活をしていたら、人間だって腎臓をはじめ、健康に良くありません。ちなみに、水分をあまり飲まないのは、猫の祖先が砂漠で生活していたからだと言われています。

また、人間が食べている食事を与えるのも、塩分が多すぎて、猫には良くないことが多いです。たとえばツナ缶などはNGです。大切な愛猫が、腎不全になって病気にならないように、飼い主は常に食事に注意を払いたいものです。

腎不全予防のための特別なキャットフード

最近のキャットフードの品質は劇的によくなり、そのおかげで猫の寿命も大変長くなりました。また、腎不全を予防するためのキャットフードも出回っています。高齢の猫にはおすすめですが、ロイヤルカナンから販売されている「猫 腎臓サポート」やドクターズケアの「キドニーケア チキンテイスト」、フォルツァ10から販売されている「腎臓心臓療法食 リナールアクティブ」などが、安心して与えることができおすすめです。なお、大切な愛猫のためにも価格の安い外国産のキャットフードは控え、安心の国産にすることをおすすめします。

毛玉ケア用キャットフードは他と何が違うの?

猫の健康を考えたキャットフードを与える

猫は清潔好きで有名ですが、特に毛づくろいをする姿はよく見かけます。
その時に毛を飲み込んでしまいますが、猫は本来その毛を体外へ排出することを自然にしています。
猫は嘔吐をよくしますが、それは別に珍しいことではなく毛玉を外へ出す役目もするので飼い主が気にするほどのことではないと言われます。
猫を飼っている場合、キャットフードを購入するときに、毛玉ケアのできる商品を選ぶ人が多いです。
毛玉ケアに対応しているキャットフードは他の商品と違い、猫が毛づくろいの時に飲み込んだ毛を体外へ排出しやすくしてくれる効果を期待できます。

猫の食いつきがよくなる

現在、お店で売っているキャットフードの数は相当ありますが、飼い主としては猫の健康を第一に考えて商品を選びます。
数多くある中から、有名メーカーの商品を選ぶ人が多い傾向にあります。
有名メーカーのキャットフードは、猫の好きな味を引き出せるような特殊な製造を行っていることが多いです。
フードの表面にパウダーをまぶしていたり、うまみエキスを惜しみなく使っているといった工夫を凝らしています。
その結果、人気メーカーの商品を食べた猫は、他の商品と違い食いつきが良いという口コミがたくさん寄せられています。

ダイエットのためのキャットフードを選ぶポイント

人間同様猫も年齢でキャットフードを選ぶことが大切

たいていの動物は成長期は新陳代謝が活発ですからたくさんの食事を摂っても太りませんが、加齢が進むと代謝機能も衰え、若い頃と同じような食生活を続けると栄養過多となり肥満となってしまうのです。これは猫も同様で、肥満を防ぐには年齢ごとにカロリー成分の違うキャットフードを与えることが大切となります。となると具体的にどの製品を選ぶかということになりますが、ロイヤルカナンの場合猫の年齢別にふさわしい豊富なラインナップとなっているので便利ですし、すでに太っている場合にはカロリーコントロールが行えるものもあり、普段の食生活からダイエットを行うことができるのです。

部屋飼いの猫は運動不足になりがち

猫は本来自分で狩りをして食事をする動物ですが、現代の飼い猫はあまりそういったことは行わなくなっており、また部屋飼いの場合は必然的に運動不足となってしまいますから、肥満気味となってしまうのです。防ぐにはなるだけ動き回ることができるような環境作りが大切で、キャットタワー等を用意してあげるとよく運動してくれ、ダイエットにもつながります。またかわいい鳴き声で甘えられるとついついキャットフードを上げたりもしますが、こういった飼い主の溺愛も肥満につながりますので、一日の定められた量を守って猫の体重管理に努めるようにしなければいけません。